東京都千代田区神田の登記可能な個室レンタルオフィス|株式会社 矢(ちかい)24時間利用可能・完全個室・インターネット無料

レンタルオフィス・トップページ サービス案内・料金 部屋の情報 地図 よくあるご質問
会社概要 貸会議室 sitemap English スマートフォン版

    東京都千代田区神田のレンタルオフィス。24時間利用可能の格安貸事務所の(株)矢

 8/6  不動産の入居時期、売却時期
  不動産事業にも稼ぎ時や枯れ時というのがあります。
  入居者募集であれば、圧倒的に有利なのが、4月入居を狙っての1~3月期。
  逆に夏場は閑古鳥が鳴いてしまいます。

 一方売却に当たっては銀行の事情がかなり影響してきます。
 決算期を迎えて、受注売上を伸ばしたいのは9月と3月。
 その時期は銀行の融資が緩むと言われています。
 不動産売却は買い手がいないと成立しません。
 その買い手は殆ど銀行融資に頼っています。
 自己資金で不動産を賄おうとすると大きな商売は出来ないからです。
 いまは滅茶苦茶な金融緩和時期。自己資金で運用しようとする人はバカと言われるほど。
 もちろん優良物件であれば銀行はいつでも融資してくれますが、やはり財布のひもが緩む
 決算時の方が取引は活発化します。

 そうそう、慣れていない人向きに説明しますと、不動産を新たに購入すると、減価償却
 という制度を使えます。
 詳しく説明すると長くなるので簡単に言うと、「形あるものはいつかは壊れる。それならば
 毎年、すこしづつ壊れたことに経理上は計算しましょう」ということです。
 これによって利益が減ります。不動産賃貸によって収入は入って来るのに
 少しづつ壊れたことにするので経理上の利益は出にくくなるのです。
 でも実際には壊れていないので、いずれは利益が山のように出ます。
 その時は次の不動産を購入して、再び減価償却をするのです。
 それが不動産事業です。
  






 営業時間   ~16:00
  03ー3255-0472 お掛け間違いにご注意ください セールス電話ご遠慮ください 見学無料です。

大きな地図で見る


sitemap
MENU
  • レンタルオフィス
  • 東京の賃貸事務所
  • 家賃貸しの住居情報
  • マンション管理
  • その他リンク(一部工事中です)

LINK