ギリシャ不安

週末に突然、EUとの合意が出来たと思われていたギリシャの首相が「国民投票に従う」と言い始めました。つまり合意が反故にされたのです。これはどうなるのかなと思っていたら、案の定、週明けの株式相場は各国今年最大の下げかそれに近いものとなりました。

しかしこのような人間がギリシャの首相だというのも驚きですが、もともと働こうとしないギリシャの国民性も驚くばかりです。55歳から他のEU諸国よりも高い年金が出るとなれば、他の国は、その年金は俺たちの税金から出ているんだと、腹に据えかねるのは当然かと思います。