安倍政権に批判の声

実際にはそれほど多くの人が反対しているわけではないのでしょうが民主党や共産党が主体となって安保反対のデモを繰り返しています。特に都心部の千代田区が酷い。今日も変な反対バッジを付けたおばちゃんが大手町駅に居ました。一方野党の中でも小さい党ではありますが、与党の法案に基本的に反映というところが3つ程あります。恐らく今日明日にも採決と云う形にはなるのでしょうが。反対する人たちは本気で日本の安全を考えているのでしょうか?戦争反対は誰でも同じです。だから武装するのか、無抵抗主義で行くのか。歴史を振り返れば、抵抗力の弱かった民族は滅亡の道を転げています。自分が幾ら戦争反対と言ってみたところで攻められたらそれで終わりなのです。他国に守って貰えば良い、自分は血を流すのは嫌だ。政府は其処までは指摘しませんが、愚かな野党が言ってることは耳触りのいいだけの無策でしかありません。