NHKの真田丸

悪名高かった花燃ゆが修了し、真田丸が始まりました。やはり視聴率を稼げるのは戦国時代。最近のNHKは幕末における歴史評価が固まってきたせいか、明治維新の頃を取り上げることが多くなったのですが、それでも戦国時代には適いません。思えば去年の紅白歌合戦も史上最悪の視聴率となりました。あの番組に至っては完全に懐メロですものね。そろそろ大きな企画変更が必要です。そして始まった真田丸。いきなり武田の滅亡から描いています。これまでの戦国ドラマは主人公が幼いころの苦労話から始まり、最初の1,2カ月はつまらいものだったのですが、今回は大いに期待できそうです。ただ、正月のやっていたPR番組では幸村の子孫を上田で探していましたが、そんなの上田に居るわけないでしょう。ちょっと考えれば判る話。滅亡したんですから。実際の子孫は伊達正宗に取り立てられ仙台に根を張ったそうです。