京都と北海道の衆院補選

左系の野党が統一候補に絞った(実態としては共産党が独自候補の擁立を見送り民進党に乗った)衆議院の補欠選挙。京都三区は下馬評通り野党統一候補の圧勝に終わりました。京都は共産党の聖域ですからね。京都大学自体が共産党の温床ですから。とは言え、おおさか維新の接戦を期待したのですが野党の圧勝。しかし、若干の裏があり、民進党の候補は前回選挙の比例当選者。此の人が当選すると次の比例順位の人が自動的に衆議院議員になるとの事。そしてその人物は安保法も賛成と云う、民進党の中の極右の人だという事で候補者を出さなかった自民党の票が大幅に統一候補に流れたそうです。一方北海道は町村氏の弔い合戦と言いながら、商社出身の娘婿という経歴が逆風になり、母子家庭と云う統一候補相手に大苦戦。かろうじて議席を守ったという結果になりました。