オフィスの合鍵作成

部屋の居住者が退出という事になると、これまでの鍵を返してくれると共に、こちらでもオフィスのシリンダー錠を交換いたします。そして取り換えた後、合鍵を作って次の借り人にお渡しするわけですが、このスペアキーがなかなかのものです。「どうして?」と思ってしまうのですが、事務所の近所の合鍵屋に依頼すると、2回に1回は不良品を渡されます。そう、事務所が開閉しないのです。そんなに難しんですかね。或いはこの辺都心は、同じ店でもいつ行っても別の人が作業をしています。熟練度が足りない人がやってるんでしょうか?不思議な話です。