ライドシェアサービス

世界的にウーバーというサービスが広がっています。これはウーバーと言う会社に登録した素人ドライバーが白タクをやると云うサービスです。(ぶっちゃけて言えば)ドライバーは予めウーバーに依って審査された人ですから安心です。そして多くの場合、自分が移動するのに合わせて誰かを乗せるというサービスですから料金も格安です。予めいつ何処から何処へ行く、料金はこれこれという事で募集し、応募を待つわけです。しかしこの制度にも弱点はありました。乗る人を審査できないのです(タクシーの場合もそうですけど)。そこで新たに生まれたのがセーフハーというサービス。これは運転手も乗客もすべて女性限定と云うもの。なるほど良いアイデアと思った処、早速問題が。「これは性的差別に当たる」との訴訟がアメリカで持ち上がってしまいました。。。