強化段ボールの家具

段ボールの技術進化は目を見張るものがあり、その生産量は右肩上がりを続けとどまるところを知りません。私達がイメージするのは宅急便や引越しの荷物を詰める段ボールですが、もっと重いもの、重機の梱包用に開発されたのが強化段ボール。1㎡の大きさで数トンの荷重に耐えられるという事で。欧米では段ボールで出来た家もあるとの事。その金額は300万円。軽いものですので、何か重いものと組み合わせて屋根が飛ばないよう工夫しているのでしょうが、水や火にも強く、木と言っても過言ではないようです。この段ボールで作った機関車や戦車など実物と同じ大きさのものが子供のおもちゃとして展示されているのが放映されていました。販売されているののとしては卓球台。非常に軽く、持ち運び、片づけも便利です。またあるホテルでは室内を段ボールで改装し、すべての家具を軽くしまた部屋のレイアウトも泊まる人が自由に変更できるようにしたところ、稼働率が94%にまでアップしたとか。今後の大きな成長産業になりそうです。