近頃思うこと

  • 政府が「我慢の3週間」を宣言しましたが、コロナは収まる気配を見せません。
  • 一部では「気が緩んでしまった」との声も聞こえますが、「もはや隠れ保菌者が沢山いて幾らでも感染者が出る状態」ということは無いのでしょうか?
  • 遂に首都圏に緊急事態宣言が発出される雰囲気になって来たようですが、1/4の16時現在では飲食店に限って行う模様。
  • 勿論経済は大事ですから、それでコロナが下火になれば良いのですが、医療崩壊になると菅内閣も崩壊しますよ。
  • いざ、非常事態宣言をしてみても、昨年と比べると人出は倍以上の様です。
  • 今回は「飲食を重点」としたのは良かったのですが「学校は通常通り」と言う判断が大衆に危機感を与えなかったのではないでしょうか。とは言え、教育を制限するのには反対です。つまりは法改正等による罰則規定を作るのが遅れたのが響いてますね。
  • 野党の一部は「政権の権力強化に疑問」と羹に懲りてなますを吹くようなことを言ってますが、他の民主主義国家と同レベルの規制にすることに何の問題があるのでしょう。
  • いよいよ国会が始まりました。
  • コロナ関連で罰則規定が設けられる予定ですが、野党もここは是々非々で臨んでほしいものです。私権の制限なんて言うものは共産国家では何処でもやっていることです。何故反対なのか意味が解りません、と言うより只反対してそう云う人達の票を盗りたいのでしょう。
  • 緊急事態宣言も2週間が経ち、漸く感染者数もピークを打ったかに見えます。
  • とは言え、未だ東京都は2000人弱。
  • 2月7日になっても1000人を割るのかどうか?そうなると必然的に延長でしょうね。これでまた増え出したら今までの努力が水になります。2月一杯の延長と言う処でしょうか。
  • 2/1になりました。
  • やはり首都圏は1か月程度の延長となりそうです。野党も言ってますが、「何が一番効果があったのか」と云う事をはっきりさせないと、飲食店やそれに関連する人達は堪ったものではありません。
  • すでに昨日の北九州市議選では自民が大敗しました。菅政権はワクチンの目途がついた時点で誰かに禅譲して、退陣でしょうね。さもないと総選挙で自民は大敗。維新も含めて連立を組むと云う事になるのでしょうか。
  • まもなく2月も終わります。
  • 河野太郎の発言が「4月に高齢者も」から「4月には高齢者に」に変わってきました。
  • 予想外に医療従事者の数が増えたのと、ワクチンの入手に不安が出てきたのだと思いますが経済回復は席に延びそうです。
  • 3月になりました。
  • 首都圏を除いて緊急事態が解除されました
  • でも飲食店は9時までと1時間延長されただけ。たぶん首都圏も3/7で解除になっておなじようなコースでしょうね。
  • それで感染はどうなるかと言うと、月末には再燃するでしょう。そこでどうなるのか。
  • 首都圏、解禁になりませんでしたね。
  • 報道によると小池都知事がゴリ押ししたそうです。しかし近所の店を見ると今日8日から一斉に開業始めました。
  • 恐らく食材は仕入れたし、従業員のローテも組んだし、今から止められないんでしょう。一方首都圏はこの2週間横ばいを続けたらどうなるんでしょうね。解除の口実が無くなります。
  • 昨日、3/14は上野に行って見たら、人出が凄い。あちこちに飲食店の入場待ちの列も。もはや非常宣言の継続は無理でしょう。
  • 政府は別の手段で感染拡大を止めないと。
  • 緊急事態宣言が解除され、大方の予想通り第4波が始まろうとしています。
  • しかしこれは解除しなくても始まっていたでしょう。もう限界です。
  • あとはワクチンの普及と流行のどちらが早いか。一旦解除した方が却って危機感が出て集団飲食は抑え込めると思うのです。
  • 来ますね、第4波が。もう一度緩んだ気分は簡単には立て直せないでしょう。こうなったら大阪のように見回り隊を組織して、徹底的にやる。ワクチンが高齢者に普及する6月末までが勝負です。
  • いよいよ4/12.首都圏にもまん延防止令が
  • 出ましたが、もはや感染爆発は避けられないでしょう。去年は志村けんの急死が国民を震撼させましたが、同じようなことが若い人気者に起きればまた違ってくるでしょうが、一度緩んだ心を締め直すのは、意志の強い人にしかできません。つまり国民にとってはスケープゴートが必要と感じます。
  • 4/19いよいよ感染爆発ですね。
  • こうなったら都市封鎖でもしないと収まらないでしょうが、法律ではそれが出来ない
  • なんとも困った状況になってきました。
     
2021年4月19日